裏ましゅ

クリーク特有?

ニコリ119号にてクリークが最終回をむかえた。
理由は、クリークならではの解き味が見えてこなかったからだそうだ。

これを見て思い出したのが、だいぶ前に
クリークでしかできないことは、ないかと考えたときのこと。
たしか、その時に思いついたのが、
白マスが分断されたときに片方を塗りつぶしてなかったことにする展開。
白マス一マスだけ孤立してるから
塗りつぶすという手筋は、使われてるわけだから
それを2マス、3マスと増やしていけば
クリーク特有の解き味がでるのでは……。

と思ってこんなのを作ってた。
クリークならではって感じになるかなと思ったんだが……。
この展開、どこかで見たことあるんだよな。

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます